ことり

今年から少し変えようと思うこと。

今年は少しだけ変えようと思うことがあります。

○休みを毎週木曜日+何日にする。
○プレゼントなどのご注文の花は3日前までに。
○花の楽しみ方の提案をする。 

なんだか、最近余裕がないことに気がつきました。

(年末だったからかもしれませんが…)

花も好きだし、店にいる時間も好きだったはずなのに、なんだかなんだか。

もともと不器用で要領も悪いので、何かしようとすると周りが思う以上に時間がかかります。

開店時間までに仕入れた花がうまく並べられず、お客さまに見ていただくのも見づらく、それも良くないなぁと前から感じていました。

頼んでいただいた花は丁寧に作りたいという気持ちも。

どうしたら良いのかと、ずっと前から年が明けても考えていましたが、考えても答えは出ませんでした。
とりあえずその時その時に自分が思うよい方法を試してみて、違うなと思ったら変えてと、繰り返してみるしかないのかなと思いました。

何がことりにとって大事なことなんだろう…と思ったときに1番に思い浮かんだことは、お家に飾る花や植物をふらりと買いに来られたお客さまが、お花をうれしそうに持って帰られる姿でした。

花を並べることやプレゼント用の花を作ることもとても大事なので順番はつけられないけど…

プレゼント用は早くからお聞きすればなるべくご要望に応えられるから、早めにご注文していただくようにお願いすること。

けれど、急にプレゼントしたくてということもあるし、臨機応変にしていけたらと考えています。

手があいていたらすぐに作れる場合もありますし、そこはタイミングというところでもあります。
難しいです…

ことりのお客さまは、色合いや雰囲気など考えてご注文くださる方が多いです。
しかし、急だと細かい注文には応えらないので、せめて3日前。
早ければ早い方が、ご希望には応えられます。

その代わりというわけではないのですが、余裕があるときには、花束やアレンジ、花瓶に花を飾る提案をしたり。
ことり店内だけでの、小さな企画をしたり。
自分なりの楽しみ方を伝えていけたら。

花もたくさん入れたり珍しい花ばかりを入れたりするのではなく、少なくても珍しくなくても、その時に心動いた花を市場から連れて帰られたらと思います。

連れて帰った花をいかせずに枯らしてしまったり、きちんと並べられなかったりをやめよう。
花たちにとって、うれしい場所を作らないと。

少しずつ変わっていこうと思います。

クリスマスの木。

「クリスマスの木」

12月のカレンダー。

クリスマスの木、キラキラ。

かわいくて素敵な絵。

友達に描いていてもらっていた絵も、12月で終わり。

毎月の楽しみでした。

絵を描けるの羨ましくて、下手だと描いちゃいけないとずっと思ってきたけど、このカレンダーを毎月見ているうちに描きたくなって、スケッチブック買ってたまに描いてます。

そういう思いにさせてくれる、心を動かしてくれた絵を描けるたくちゃん尊敬しています。

5。

11月に、5周年を迎えた。

特に何もせず、普通に過ごした。

覚えていた方が何人かメッセージをくださったり、思いがけずプレゼントをくださったりした。

覚えていてくれてそれを伝えていただけたことで、勇気というか、あ、忘れられていないというか、見えないパワーをいただけたようで、じんわりうれしかったです。

5って、数字、なんかいいな。

木の実と葉っぱとリス。

「木の実と葉っぱとリス」

11月のカレンダー。

たくさんの木の実と秋の色に染まった葉っぱと、木枝と、頬っぺたにたくさん食べ物を詰め込んでいるらしいリス。

秋をいっぱい詰め込んだカレンダー。

よく見ると笑ってるリスがお気に入り。